点検・保守・管理

株式会社Y-zenの点検保守管理

株式会社Y-zenなら法律にしっかり対応しています

株式会社Y-zenなら法律にしっかり対応しています

 

 

ユーザー情報登録・簡易点検・データ入力の手順

データ情報登録・簡易点検・データ入力の手順
  1. 2社契約を行います。
  2. ユーザー様に代行して、ログブックに各機器の情報を登録します。
  3. 株式会社Y-zenにて、簡易点検を行います。
  4. ユーザー様に代行して、ログブックに点検結果を入力します。
    ユーザー様に入力完了を連絡します。
  5. ユーザー様はログブックの点検内容を確認して、承認欄に氏名を入力します。
    内容承認することで、法令で定められている「管理者の判断基準」の遵守となります。

ユーザー様もご自分のログインIDを利用して、点検・整備記録簿の閲覧や出力などがご利用頂けます。

 

簡易点検・定期点検などの記入例

簡易点検記録簿 定期点検報告書 機器リスト

ログブック『冷媒漏えい点検・整備記録』の記入方法

手順4 代行でログブックに入力

  • ユーザー様に代行して、ログブックに点検結果を入力します。
    ユーザー様に入力完了を連絡し、承認を待ちます。

 

管理者の判断基準の遵守

  • ユーザー様に代行して、ログブックに各機器の情報を登録します。
    ユーザー様は点検内容を確認して、承認欄に氏名を入力します。

 

フロン類算定漏えい量の報告書

フロン類算定漏えい量の報告書

  • 算定漏えい量報告は、管理者が管理する第一種特定製品からの算定漏えい量について、法人単位で報告するものです。
    ※営業所、事業所の場合は、法人全体で算定・報告することとなります。
  • 算定漏えい量は、追加充填した総量を漏えい量とみなす事とし、管理者は第一種フロン類充填回収業者が発行する『充填・回収証明書』から漏えい量を算定します。
  • 報告は、営んでいる事業を所轄する大臣に対して行います。(翌年度の7月末日までに)

 

管理者は、ログブックに登録されたデータを利用して、算定漏えい量報告に必要な情報の集計・抽出が可能です。

改正フロン法(フロン排出抑制法)についてのお問い合わせはこちらまで。0120-455-081